システムを導入する目的の明確化

メール配信システムの業者の選び方でまず第一に始めることは、それぞれのサービスにどういった機能が存在しているのかを把握するだけではなく、システム組み入れの目的を明らかにすることです。実際的な目的の設定の方法ですが、先ず現在のマーケティングテーマあるいはメール配信を介して遂行したいことをまとめることが必要となります。複数の目的があってもコンセプトそのものがブレてしまうことから、そうしたものを総合し1つの目的に定めることが重要になります。

必要な機能とセキュリティ及び到達率の確認が重要です

選び方のポイントであるメール配信の目的及びターゲットを明らかにしたら、どの位の配信の総数が入用になるかを意識しましょう。それを踏まえて実践したい中身から欠かすことができない機能を洗い出します。それに加えて、メール配信のシステムの業者を選択する際には、機能面のみならず、セキュリティ、あるいはメールの到達率、さらにサーバーの安定感なども重要となります。ですので選び方のポイントとして意識しましょう。メールの到達率は、送信されたメール数に対しどの程度のメールがクライアントの元に伝えられたかという指標になります。メール配信のシステムのテクノロジーの高さをチェックする意味でも、それぞれの業者のメール配信システムの成功率を着目し選定基準とすると賢明といえます。

複数の会社の比較検討と企業業績のチェックが大切です

明らかにした必要な条件を前提条件とし、色々なメール配信システムの業者の比較を実施します。必要な条件を示して質問すれば、カタログを送り届けてもらったり、事と次第によると見積価格を共に送ってもらうこともできます。いくつかの会社を比較検討して、自身のニーズを満足させたシステムを選ぶと良いでしょう。ここで大事になってくるのは、やはり費用と言えます。金銭に糸目をつけないとなれば、マーケティングオートメーションツールを組み込んだら原則としてなんでもできる形とはなりますが、初期に関するコストが数百万になることもあります。ですから、必要な条件と合わせて、自身のコスト感にとても近いシステムを選択することが重要となります。こうしたシステムは現実に利用してみないと判断しかねるところもあります。ですので、カタログでは心配といった場合は、デモをさわらせてもらっても役に立つでしょう。それに加えて、メール配信システムを供している会社の実績を確かめることも重要です。自分の会社のデータベースを委託するとなると、仮にシステムにトラブルがあった場合、情報の漏えいしてしまう可能性があります。導入ケースなどをみて、他にどういった企業がシステムを利用しているかなどを事前調査をしておくと安心することができます。

わかりやすい12種類の分析機能をご用意しています。 業界初のスマホ完全対応!レスポンシブデザイン対応HTMLメールをどなたでも配信出来ます。 プロレベルのメルマガを、自社で作成可能です! 高機能HTMLエディタや分析機能などは全て標準機能!オプション費用不要でご利用可能です。 高機能で使いやすいHTMLメールエディタ搭載! メール配信システムで業務効率化を飛躍的にアップする

記事を共有する