効果的活用の為の実績あるメール配信システムのチェックポイント

メール配信が可能な数の確認は大切なポイントです

メール配信システムは、会員並びにクライアントに対して、新発売品の効果的な情報送信やキャンペーンに関する情報送信等のメールを一斉発信するシステムになります。システムがあれば、効果的に数千のメールを迅速に送ることが実現可能です。メール配信システムを有効に活用して、自分の会社の会員やクライアントに対し、ひとまとめにしてキャンペーンやセールについての情報、さらにメルマガを送ることができ、効果的な販促ができます。そして、メールをまとめて送信することができる制限数や送るリストの数が増えた場合にカバーできる空きがあるかを契約前にチェックしておきましょう。

システムの信用性のチェックは必須です

システムの信用性を導入する前に評定しておき、メール受信の顧客がスムーズに受け取れる体制を整備しておくことが大切です。多量にメールを送る場合、メールサーバに受信拒否されるケースがあります。せっかくの機能も受信の数が少ないと、元も子もないといえます。それに加えて、携帯に対しての送信などのケースでは、携帯会社に遮断されることもあり得ます。いろいろなメールマガジンシステムの無料期間を活用してメールの到達率に関しての実績の比較をしておきましょう。さらに、メール配信を手がける作業者が誤った送信を行なわないこともポイントです。誤った送信を実施しない事に気配りしたユーザーインタフェースの状態になっているかなどをチェックしておくことが大切です。

バックアップ体制のチェックは重要です

メール配信システムを取り入れ後のバックアップの実績も、選定の大切なポイントです。社員による機能案内や初期設定の助言それから、取り扱い方法の指導を利用者の状況に基づいて、スピーディーにシステムを設けるためのサポートがあるかという実績は大事になります。それに加えて、専用受け付け窓口を持って、障害並びにトラブル等の問題の出現時に24時間体制で即座に対処が出来る支援体制があるかも重要です。トラブルシューティングの集積があり、トラブルに対してシステム的に対応できるのか、そして実務担当者の対応力、また専門受け付け窓口は電話やメール対応も大事になります。加えて、バックアップの費用の確認をしましょう。その他、自分の会社の方針変更による機能追加や変更依頼に対処するシステムがあるかということもポイントです。それなりに、運用中に問い合わせが生じますが、格安のサービスといったこともあって、ともするとバックアップは手薄になりがちです。その部分もチェックしておきましょう。

記事を共有する